まいにちコスメレビュー

乾燥肌+ちょっと敏感肌のアラサーが実際に使ったコスメ・スキンケアのレビューや気になる最新美容情報を書いています♪

まいにちコスメレビュー

【アイシャドウ】Dior[ディオール]バックステージ アイパレット002クール スウォッチ&レビュー

ディオール バックステージ アイパレット 002クール レビュー

 

先日のヘンリー王子とメーガン妃の結婚式の様子に世界中が注目していましたが、そのメーガン妃のメイクにディオール バックステージシリーズが使われていた事、皆様ご存知でしたか?

 

その時に使われたコスメ、なんと私達も手に入れる事が出来るんです♡

 

本格的な発売は来月以降ですが、先日3日間限定で行われた先行発売でアイシャドウパレットをGETしました♡

 

今回はDior バックステージシリーズ アイパレット002クールのスウォッチ・レビューをしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

アイメイクに必要な質感が全部揃う♡

ディオールバックステージ アイパレット002クール

 

こちらのパレットは、鏡・ブラシ・チップ・保護袋などは付いておらず、一つのパレットにベース+8色のアイシャドウがセットされています。

 

サンククルールと比べると付属品は少ないですが、私は普段からブラシは別のものを使う事が多いので、ツールが無い事で少しお値段を抑えられているなら嬉しいです。笑

 

 

ベース・ハイライト・スカルプティング・シマー・マットと、様々な役割・質感のものが入っているので、このパレット1つで色々なメイクが出来るめちゃくちゃ万能なパレットです。

  

ケースもプラスチック製でとにかく軽くて薄いので、かさばらないところも旅行などに持っていきやすそうで好きなポイントです♡

 

 

 

入っているカラーの詳細

ディオールバックステージ アイパレット002クール

 

002クールはピンク・パープル系のカラーがセットされています。

 

上段→ベース・ハイライト・スカルプティング

中段→ラメ入りのピンク・ライラック・パープル

下段→マットなピンク・モーヴ・プラム

 

このパレットは同じトーンでマット・シマー両方入っているので、とにかく組み合わせが簡単です。

 

普段マットカラーは顔が暗く見える気がしてラメやパールが入ったカラーを使いがちなんですが、シマーと組み合わせることでマットでも明るく見えて使いやすいです。

 

シマーもマットもそれぞれベースカラー・アクセントカラー・締め色が全部入っているので、どちらか片方だけで仕上げることもできます♡

 

同じトーンでまとめると失敗が少ない気がするので、マットなアイシャドウに挑戦したい方にかなりおすすめです!

 

 

 

 

 

 

 

スウォッチ

ディオールバックステージ アイパレット002クール

 

今回は色味が多いので番号を振っておきました。

 

ディオールバックステージ アイパレット002クール

 

ベースカラーは001ウォームと多分一緒だと思うんですが、クリームタイプのベースでしっかりとアイシャドウが密着します。

 

写真に写すために結構濃く付けていますが、普通に付ける分にはほとんど色味は付かず、ほのかに入っているパールが明るく見せてくれます♡

 

どのカラーも高発色で綺麗なんですが、個人的にはハイライトとシマーのラメの輝きが綺麗すぎて大興奮!!

 

スウォッチ動画も撮ったので、スワイプして4枚目を見てみて下さい。

 

 

Kaanaさん(@kaana.nico)がシェアした投稿 -

 

Instagramにあげると画質が落ちちゃうので多分伝えきれていませんが、ラメが本当に綺麗なんです♡

 

華やかな大粒ラメも大好きなんですが、お仕事の時やあまり派手なメイクだと浮いちゃいそうな場所へ行く時は、これ位のラメ感の方が使いやすそうですよね。

 

マット系はとにかく高発色で上品な仕上がりで、私は特に8のモーヴが暗すぎず明るすぎずなカラーが凄く気に入りました♡

 

 

 

トムフォード オーキッドヘイズと似てる?

最初に情報を見た時に、「これトムフォードのオーキッドヘイズと似てる?」と一瞬購入を悩んだんですよね。

 

 

結局先行発売にまんまと釣られて購入したんですが、せっかくなのでこの2つを比べてみました♡

 

ディオールバックステージ オーキッドヘイズ比較

 

特に似ているかなーと思っていたのはこちらの4色で、特に3番と4番とかほぼ同じカラーなんじゃないかと思っていました。

 

ディオールバックステージ オーキッドヘイズ比較

 

実際に比べて見ると結構違う!!

 

1番と4番は結構似ているんですが、1番はDiorの方がラメの輝きが強くて、トムはパールっぽい仕上がり、4番はDiorはちょっとブラウンぽくて、トムの方がパープル味が強い。

 

結局何が言いたいかって言うと、どっちも可愛いという事です。笑

 

 

 

 

 

色持ち・粉質・発色などの使用感

ここからは実際に使用して感じた、使用感について書いていきます。

 

 

色持ち

メイクしてから一日家事などをして過ごしたんですが、くすんだり、ヨレ・二重幅に溜まること無く、綺麗にキープされていました♡

 

一緒に付いているベースを下まぶたには使わずにメイクしたら、色は綺麗なままちょっとだけラメが落ちていたので、下まぶたに塗る時はアイベースを一緒に使用するのがおすすめです。

 

 

粉質

9色入って約6,000円とDiorにしては安いのであまり期待していなかったんですが、粉質も普通に良かったです!

 

さすがにサンクほどのしっとりさは無いけど、この値段でこの質なら私は大満足です♡

 

1色あたり約660円位の計算になるので、プチプラの単色アイシャドウを何色も買うよりはこっちの方が断然コスパが良いです。

 

 

発色

上のスウォッチでも分かる通り、発色はとても良いです♪

 

バックステージシリーズは元々ファッションショーなどで使われていたコスメで、舞台裏の時間が無い中でも美しく仕上がる・照明がガンガン当たるステージでも長持ちするメイクアップシリーズ。

 

発色が悪いとステージ映えしないので、高発色な製品になっているんだと思います。

 

カラー名の通りウォームトーン・クールトーン(海外ではイエベ・ブルべではなく、こういう呼び方みたいです)に分かれているので、自分に似合う色味が何となくわかりやすいところも通販好きな私には嬉しいポイントです♡

 

 

 

ディオールバックステージ アイパレット まとめ

 

  • カラバリ2色(2018年5月現在)
  • マット・シマー両方楽しめる
  • アイベース入り
  • 高発色
  • 薄型&軽量なので持ち運びにおすすめ

 

元々サンクのドリームというカラーを購入しようかしばらく悩んでいて、結局バックステージにしたんですが、マットもシマーも色々楽しめるバックステージにして良かったと思っています。

 

色味的に年中使えて、濃さや使用するカラーを調節すれば冠婚葬祭いけそうなので、一つ持っていても困らないパレットだと思います♡

 

 

 

発売日はいつ?

今回の新アイテムは他にもファンデーション・アイブロウ・チークパレット・リップパレットなどが発売するんですが、発売スケジュールは以下の日程のようです♪

 

  • ディオール公式通販限定先行発売 2018/6/20(水)※伊勢丹新宿店で期間限定イベント実施予定
  • 限定店舗発売開始 2018/7/6(金)

 

特にファンデーションは21色ものカラバリがあるので、店頭でタッチアップするのがおすすめです♡

 

 

 

店舗に行けない方はネット通販がおすすめ

店舗が近くにない方はこちらの通販サイトで発売されているので、こちらからの購入がおすすめです♡

 

Dior 公式通販サイト

 

阪急オンラインショッピング

 

・三越・伊勢丹オンラインストア_TOP