まいにちコスメレビュー

乾燥肌+ちょっと敏感肌のアラサーが実際に使ったコスメ・スキンケアのレビューや気になる最新美容情報を書いています♪

【スポンサーリンク】

【美容ネタ】パーソナルカラープロ診断をサロンで受けてみた!体験レポ

パーソナルカラー診断体験

最近オレンジのチークを付けると

今日なんだか具合悪い?

と聞かれる事が増えて、“前はそんな事無かったのに、年齢のせい?”と気になっていました。

 

そんな最近雑誌やネットでよく見かけるパーソナルカラー

 

もしかしてくすんで見える色を付けちゃってるのかもと、一気にパーソナルカラーが気になるように。

 

調べてみようとネットの自己診断を何度かやってみましたが、毎回違う結果が出てしまいます(+_+)

 

もっと分からなくなってきちゃった。。

 

でも自分のパーソナルカラーを知る事で、もっと似合うメイクやファッションが分かるのかもとどんどん興味が。

 

近所の美容室でパーソナルカラー診断が受けられるということだったので、行ってみました(^^)

 

それでは早速体験レポを書いていこうと思います♪

 

 

 

 

パーソナルカラー診断とはなに?

ざっくり言えば色を四季に例えて、自分の肌の色(白い・黒いではないです)や瞳の色などで似合う色調を診断すること。

 

ポイントなのは色ではなくて、色調ということ。

 

青と一括りに言っても、黄色がかった青、黒に近いような深い青、少しくすんだ青。

色んな青がありますよね?

 

赤は似合うけど、黄色は似合わないではなくて、同じ赤でも顔色がくすんで見える赤、顔色が明るく見える赤があると思います。

 

どんな色調が似合うのかを診断するのが、パーソナルカラー診断です(^^)

 

 

パーソナルカラー診断の流れ

ネットで体験記を見る限り、どこで診断しても流れは一緒だと思うのですが、私が行った美容室でも最初に真っ白の布を体に掛けられました。

 

元々着ている服の色で、顔色の映え具合を邪魔しない為だそうです。

 

それから赤・青・黄色・緑・紫・ベージュ・オレンジ・ピンク・グレーの色調が異なる布を各色4枚ずつ何回か顔の下に当てられて、診断するといった流れでした。

 

自分でもハッキリ似合う・似合わないが分かる色と、微妙過ぎて分からない色とがありました。

 

私の場合、暖色は割と分かりやすかったのに対して、寒色は分かりづらかったです。

 

ちなみに美容師さんは最初に私がお店に入ってきた時に、『この人のカラーは〇〇っぽいな』とすぐに思ったそうです(^^)

 

 

私の診断結果

私はスプリング寄りのサマーでした!

 

そしてオータムの色味が、特にくすんで見えました。

 

からし色の服を試着しても、イマイチ似合わないという事が多かったので、かなり納得です。

 

美容師さん曰く、サマーの色味は元の色に少し白を足した色合いが多いので、パステルカラーが似合うとの事でした。

 

昔からそんなに身につけていた覚えは無かったのに、パステルカラーのイメージがあると友人には言われる事が多かったんです。

 

童顔な顔立ちのせいかなと思っていたんですが、パーソナルカラーだったからなんですね!

 

今回はパーソナルカラーを生かして、ヘアカラーは青を混ぜたアッシュカラーにしてきました(*´ω`*)

 

何となく肌が綺麗に見える気がします♪

 

 

診断を受けた感想

個人的には受けて良かったなと思っています。

 

診断を受けてから新しく挑戦したコスメの色もあって、それが中々好評だったり♪

 

ただパーソナルカラーにとらわれ過ぎても冒険出来ないし、似合う=好きとも限らないとは思います。

 

それでも『困った時はこの色味』というのが、自分で分かったのは良かったなと思います(^^)

 

カラーリストさんの中でも色々な意見があるそうですが、良く聞くのは『パーソナルカラーは一生変わらない!』

 

それなら一度自分に似合う色を知っておきたいですよね(*´ω`*)

 

最近はパーソナルカラー診断をしてくれるヘアサロンなども増えてきているようなので、一度診断してみる事をオススメします♪

 

 

私が診断してくれるサロンを見付けたのはこちら

ホットペッパービューティー/サロン予約
ホットペッパービューティー/サロン予約
無料
posted with アプリーチ

 

 

自己診断派に人気の本はこちら